HARUKA’s Blog

人はずっと種を蒔いてゆく
2017-09-04 20:53 | -

「種を蒔く人」っていう曲をアルバムの最後に入れて、野音のアンコール一曲目に歌った
今生きているみんながそれぞれ、種を蒔く人なんだっていう思い入れがあって書いた曲。


生きてる間ってきっとほとんどが静かに耐える時間
華やかな瞬間なんてほんの一瞬
それが必ずくるともわからないし
何のために今じっと耐えているんだろうと思うことばっかり
もしかしたらそれが人生の全部かもしれない。
でもそれじゃあまりにもむなしいから
種を蒔いてるんだって思った。
それが今日咲かなくたって明日実らなくたって
毎日種を蒔いてるんだって
いつかの誰かが種を蒔くことをやめていたら
今私は生きていないかもしれない、歌っていないかもしれない
だから私が今やっていることもいつかどこかに繋がって花になるなら
それが生きている意味かもしれないと

野音は私にとって一つの花であり
そこから落ちた新たな種でもある
私は野音でまた種を手に入れました。
今みんなの手にも種があったらいいと思ってる
またそれを蒔きながら生きて
生き抜いて
会えたらいいなと思った
だから次に始まるツアーにもその願いを込めて
溜息の断面図ツアー2017-2018『種を蒔く』
と付けました。

アコースティックは私たちの原点だから
「種」編。
そしてバンドは「花」編。
来年一月、一緒に花が咲く瞬間を見たい
いや 別に咲かなくたっていいの
花を咲かせたいっていう意思で生きることが
美しいなと思ったから
咲かなかった花も咲いた花もどっちも美しいよ

「時」に草冠で、「蒔く」だよ
私たちもそれまで時間をかけて種を蒔いて水をやっていくから
また会おう。

http://harukatomiyuki.net/news_detail/74663



9/2、あのステージを作ってくれた全員を誇りに思います。そしてあの日あの時間に私たちを選んで足を運んでくれた全員を誇りに思います。私が今一番客席でライブを観たいアーティストはハルカトミユキだよ。
いいなあ、みんな。
半分冗談で半分本気。
ハルカトミユキを観てきてよかったといつか心から思ってもらえるように。


5年目の野音を作ってくれて本当にありがとう。

-