HARUKA’s Blog

希望の歌が歌いたい
2017-02-26 16:08 | MUSIC
2月26日 晴れ
ハルカトミユキ +5 Anniversary tour
ファイナル 赤坂BLITZを終えて






「闇」は、”音”の”門”。
真っ暗闇は聴く人が音に入り込むための門なんだ。ー

終演後、尊敬する照明さんと話をしていたとき、そう教えてもらった。



「暗闇。暗にも闇にも音が入ってる。
扉を閉ざして何も見えない所にも
音がある」

去年、Twitterで呟いた。






昨夜の赤坂BLITZで、
会場が真っ暗になり、静寂の中に声だけが響く瞬間があった。とてもミニマムで、ただそれだけがあれば良いという究極の瞬間。
でも本当はあの瞬間、

「暗闇と声」
だけがあったわけじゃない。それではあの空間は絶対に創れなかった。

あの場を創ろうとした全ての人が、何日も何ヶ月もかけて、考えに考え抜き、削ぎ落とし研ぎ澄まし、愛情と情熱を持って、気配を消し、

そういう目には見えないありとあらゆる土台の上に、ふっと現れた「暗闇と声」だった。
だから私はあそこで歌うことができた。



私はそれが、今のハルカトミユキそのものであると、そう思う。

結成した頃の私たちは、紛れもなく「ハルカトミユキ」だった。それは何の土台もないままの「暗闇と声」のようで、ハルカとミユキの2人の人間でしかないということだった。

でも今の私たちは、「ハルカトミユキ」でありながら、そのカタカナ7文字の中に含まれた、膨大な何かを感じることができる。

聴いてくれる人の想い。
バンドメンバーの奏でる一音。
ステージの色が変わる一秒。
会場を包む音響。
悩み抜いてくれる誰か。
5年という歳月。
失敗。間違い。
情熱。情熱。悔しさ。苦悩。情熱。愛。
笑ってくれる顔。
泣いてくれる顔。
握手を交わした手。
全ての人の、技、力、体温、夢、心。


目に見えないそれら全部が、
ハルカとミユキを
「ハルカトミユキ」にしてくれている。
それを昨日、はっきりと感じた。
本当に嬉しかった。
私たちが、「ハルカトミユキ」で居続けることが一番の恩返しなのだ。

昨日あの場にいてくれた全ての人、あの場を想っていてくれた全ての人に、心から感謝します。
ありがとうございます。




9月2日土曜日、三度目の野音に立ちます。
6月には、オリジナルアルバムを出します。

絶対に良いものにします。
何故なら私は今ハルカを信じているし、
ミユキを信じているし、
ハルカトミユキに関わる人を全力で信じているからです。

味方になってくれた人はいつまでもどこまでも
命賭けても守るよ。




ハルカ

-