HARUKA’s Blog

人生のゴール
2016-07-07 19:01 | MUSIC

東京マハロ第17回公演
『女子穴』がいよいよ。始まりました。
これから13日まで、さらに北九州を含めて
全15公演。

 

人生で二度目の演劇。
舞台を観ることが大好きで、ステージで歌を歌うようになってからもずっと、演劇の表現に憧れがあった。

だから今こうして挑戦できることは、幸せと感謝しかない。

 

それと、莫大な不安。
でも何かに挑戦するときの不安は嫌いじゃないです。

 

なんだって成功と失敗のくり返しで、でもそうすることでしか上にはのぼれないんだなってことももう解る。
失敗してる間はとても苦しいし
じゃあ何が成功なんだと言われたら明確な答えなんてないような
もやーっとした世界で戦っている感じはずっとあって、ただそこでひとつ確かなものがあるとしたらそれは
感情なんだろうなって
歌もお芝居もきっと。

 

考えてみれば、迷った時はだいたい、感情を見失った時だった。
感情だけでやれるはずなんてない。
でも感情を見失うくらいなら
たかが知れてる才能とか技術なんていらない
現状の私の中の答え。
この答えを壊して、また新しいものを多分つくっていくんだけどね
だけど今はそう思ってやってみようかなって


挑戦すれば挫折もするし
自己嫌悪も多々ある
いろんな人の思惑にまみれて疲れ果てることも

 

自分はこういう人間なんだって諦めはいい加減ついてきた。悪い意味じゃなくて。
人より時間がかかるなら人より時間をかければいい。

人より寒がりなら人より一枚多く着ればいい。人より胃が弱いなら胃薬を飲めばいい。
それだけのこと。
自分のマニュアルをちゃんと作っていきたい。
自分のことは自分で選べるように
自分の感覚を信じてあげられるように
ただ流れに合わせて、後悔しないように。

 

そのためには沢山勉強して、沢山失敗しなきゃいけない。

 

わざわざ傷付くような場所に飛び込んでるんだから、それなら思う存分傷付けばいいやって今は思う
痛いけど怖いけど
だけどいつだって
怖い怖いって物陰で怯えてる時間が一番怖い
実際大したことない。よね。
だから先の見えない道を、ずいずい進みます。


あっという間の稽古だったし
本番もあっという間なんだろうなーと思うけど
舞台に立っている瞬間はたまに永遠を感じる。
時間が伸び縮みする感覚をひりひり味わっている。

 

死ぬまでにどれくらいのことを感じられるかわからないから
もっとセンサーを働かせたいし
見えないものを見たいし
興奮することをしなくちゃいけないね。


『女子穴』は不妊治療のお話です
表面だけを言えば。
不妊治療のゴールは子供を作ることだけど
人生のゴールは?
本当に、たくさんの人に観てほしい。
私は私の役で、私の感情で、何を伝えられるか考えています。

 

http://www.tokyomahalo.com/

 

-